私たちについて

まんま、飲むフルーツ

ハロー、私たちはイノセントです

イノセントの始まりは、大学の同級生3人が1999年にロンドンの音楽フェスで、スムージーを売ったことがきっかけでした。

「今の仕事を辞めて、このスムージーを売ったほうがいい?」と書いた大きな看板を出して、店の前に「YES」のゴミ箱と「NO」のゴミ箱を置きました。みんなに、空のボトルで投票してもらったのです。週末には「YES」のゴミ箱がいっぱいになったので、次の日、私たちは仕事を辞めて起業しました。

それからずっと私たちは、みんなが健康で長く生きられるように、スムージーをはじめとする、ナチュラル志向でおいしくてヘルシーなドリンクを作っています。

そして2019年7月、日本のみなさんに「ハロー」と言うために、ヨーロッパからはるばるやって来ました。日本中で愛されるドリンクカンパニーになるのが、私たちの夢です。

もっとイノセントのことを知りたい方は、公式サイトをチェックしてみてくださいね。

 

イノセントのはじまり